大松 健太郎(おおまつ けんたろう)

救急救命士、修士(健康科学)
新潟医療福祉大学医療技術学部 救急救命学科 講師
一般社団法人 国際救命救急協会 副理事長
American Heart Association BLS/ACLS/PALS Training Center Faculty

略歴:
・2008年救急救命士免許登録、東京女子医科大学東医療センター救命救急センター職員、非常勤講師(2012~2020)、帝京平成大学健康メディカル学部助教(2012~2015)を経て、2017年より現職。

研究分野:
・救急救命士の働き方(医療機関における救急救命士の就業実態消防非常備町村の救急業務)、VR/AR/xRを用いた救急医療教育、ICT/IoTを活用した教育システム。

現在進行中の研究課題:
・科学研究費補助金(若手研究):  
「AR(拡張現実)技術を用いた心停止徴候認識能力向上のための教育システムの開発」

詳細なプロフィールおよび業績
Researchmap:https://researchmap.jp/kentaro-omatsu
大学HP:https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/em/teacher/omatsu.html

メディア取材等

救急空白地帯、薄氷の搬送 民間委託の動きも。日本経済新聞、2020年2月1日朝刊。https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC204A30Q1A120C2000000

「消防空白」…宮崎・鹿児島など29町村 救急業務、民間委託で活路。産経新聞、2018年1月11日朝刊。https://www.sankei.com/region/news/180111/rgn1801110014-n1.html

[QOD 生と死を問う]救急と看取り(1)心肺停止、天寿か救命か。読売新聞、2016年7月25日朝刊。https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160719-OYTET50013/